2010年02月27日

ミカルディス錠、糖尿病性早期腎症の追加適応の申請取り下げ(医療介護CBニュース)

 アステラス製薬は2月26日、日本ベーリンガーインゲルハイムとコ・プロモーション(共同販売促進活動)している高血圧症治療薬ミカルディス錠の2型糖尿病に伴う糖尿病性早期腎症の追加適応の承認申請を取り下げたと発表した。アステラス製薬の担当者は「改めて試験を実施するにはコスト、時間がかかるため、再申請はしない」としている。

 ミカルディス錠は独ベーリンガーインゲルハイムが創製。国内では2002年12月に発売された。日本ベーリンガーインゲルハイムが製造、アステラスが販売を行い、両社でコ・プロモーションしている。

 追加適応の承認申請は、日本ベーリンガーインゲルハイムが06年6月に行った。その後、同社が医薬品医療機器総合機構(PMDA)と協議。アステラスによると、糖尿病性腎症の病期進展で早期から中等度への移行を抑制する効果については、日本ベーリンガーインゲルハイムが03年1月から05年10月にかけて実施した大規模臨床試験の結果で証明されていたが、協議の結果、末期腎不全への移行を抑制する検証結果を示す追加データが必要との結論に至った。このため、同社は「現データのみでは、承認に必要とされるエビデンスの構築は困難」と判断し、申請を取り下げた。


【関連記事】
抗真菌剤でライセンス契約―アステラス製薬
医師も認知度低いむずむず脚症候群
国内医療用薬4.3%の増収―アステラス
むずむず脚症候群の適応症を国内初取得―日本ベーリンガー
過活動膀胱治療薬の新剤形を承認申請―アステラス

平野長官、シュワブ陸上案「ゼロベースで検討」(産経新聞)
「ワクチン政策の統一」議論を―保団連が国会内勉強会(医療介護CBニュース)
自動車用電線でカルテルか=矢崎総業などに立ち入り−公取委(時事通信)
<普天間移設>改めて県内移設の可能性示す 平野官房長官(毎日新聞)
都公立教員のわいせつ 4割は勤務先の児童、生徒被害(産経新聞)
posted by ナカガワ カズヤ at 15:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。